QLOOKアクセス解析
<< 麻生総理へメッセージを | main | 政治家、政党の信念を私達が判断するための材料 >>

私のマスコミ体験

私も以前マスコミの意図的な誘導尋問によるインタビューを受けたことがあります。
昔々、日本は名古屋でオリンピックを開催しようとしていました。その、開催地決定のIOC総会が行われる前日、私は、当時通っていた中学校の校長室に呼び出されました。
「な、なんだろう。。。なんか、私悪いことでもしたかな。。。」
と、ガクブルしながら校長室のドアをノックしました。
校長先生は、中日新聞から取材の電話がかかってきていて、今度開催が決定するかもしれない名古屋オリンピックの特集の為に愛知県内の中学生のインタビューをしている、とのことでした。
おそるおそる黒電話の受話器を耳に当てると、、、

詳細については良く覚えていません。当時私は学校でも一、二を争う優等生(笑)で、聡明な私に電話インタビューの白羽が立ったというわけだったのでした。

で、その時に印象に残っていることが一点だけあります。
出場する日本選手について聞かれた時―――多分、こんな質問だったかと思います。
「どんな選手に活躍して欲しいと思いますか?」
その質問は私には少し抽象的すぎて応えることができませんでした。すると、私が応える前に、電話口の向こうからこんな風に言われたのです。
「やっぱり、日本選手には沢山金メダルを取って欲しいですよねー」
私はとても天の邪鬼な性格だったので、とっさに、まさに脊髄反射的に
「いえ!いろいろな国の人にメダルを取って欲しいです!」
と答えました。
「あーそうですかー」
と、電話口の声が言い、しばらくして電話インタビューは終わりました。

結果的にオリンピックはソウルに開催地が決まり、名古屋オリンピックは幻のものとなりました。と同時に、中日新聞の名古屋オリンピック開催決定別刷り特集(仮)も幻のものとなってしまいました。勿論、私のインタビューもお蔵入りとなってしまいました。

電話が切れた後で、明らかにあれは「日本の選手に沢山金メダルを取って欲しい」と言わせたいが為の質問であることが分かってきて、何だか釈然としない気持ちになりました。だからこそ、今でも鮮明にその瞬間のことを覚えているのでしょう。何しろもう、30年近くも前の話です。

まあ、今なら「アジアの選手に沢山金メダルを〜」なんて言う答えになるのかもしれませんが、マスコミのやることというのは、今も昔も代わり映えしない、と言うお話でありました。

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村←参加してます♪

at 02:03, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/743804