QLOOKアクセス解析
<< 私のマスコミ体験 | main | 世論調査について思うこと >>

政治家、政党の信念を私達が判断するための材料

6月17日の党首討論についての報道

http://www.youtube.com/watch?v=C7oURCtMlrA

党首討論(ノーカット版)→衆議院オフィシャルウェブサイトから見ることができます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7370134


http://www.nicovideo.jp/watch/sm7370554

45分間の党首討論の何処を切り抜くかで、受け手の印象は全く変わる。
マスコミは、日々の暮らしに忙しい国民のために、その内容を「分かり易く要約して」報道してくれているのか、と言われれば、私はやはり「否」と答えるしかないのである。

内閣支持率が低いという危険水域だという。しかし一方ではこんな世論調査の結果もある。(実施時期は鳩山辞任問題の前ではあるが)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7182215
この、各世論調査の結果のばらつきはどのように判断すべきなのだろう?

今の首相には信念がないという。指導力がないという。しかし、私達はただ単にそれを知らされていないだけなのではないか?

http://www.youtube.com/watch?v=0BvBK-lBdKM

マスメディアが報道しない、或いは報道しようとしない事の中にこそ、真実が隠されているのではないか。今こそ、この広大なネットの海の中から、それを探し出す作業を私達自身が行わなければならない時なのである。

このエントリーは「支持率が低くても良い場合と悪い場合がある」へトラバしています。

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村←参加してます♪

at 11:32, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/743911