QLOOKアクセス解析
<< 政治家、政党の信念を私達が判断するための材料 | main | 鳩山由紀夫氏のあれこれ >>

世論調査について思うこと


http://www.nicovideo.jp/watch/nm7377272

6月18日午後10時30から200秒間だけ行われた「ニコニコ動画」の世論調査結果が発表された。詳細は→こちら

前回の拙ブログのエントリーに貼ったニコニコ動画の世論調査結果は、第1回麻生vs鳩山党首討論の翌日のものであったので、今回の調査結果の方が当然ではあるが現状の世論をより反映したものとなっているはずである。

ニコニコ動画の世論調査の最大の強みは、調査母数が圧倒的に多いことである。
他メディアの世論調査は結果の数字のみを報じて、どのように調査を行ったか、何人から回答を得たのか等を明示しているところが少ないのだが(例:共同通信社)、その中で、きちんとした調査方法と母数を表示している読売新聞の調査結果と比較してみても、この数の差は圧倒的である。

ソースが探せなくて申し訳ないのだが、フジ・産経の「緊急」調査フジテレビ新報道2001(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/
chousa.html)は500人ほどにしか聞いていなくて、その結果を堂々と報道していた。
昔「トリビアの泉」で、統計学の専門家が「2千人に聞けば、統計学的にほぼ正確な数字が出せる」言っていたのを私は覚えている。言うまでもなく「トリビアの泉」はフジテレビの番組である。
さすがに500人はないだろうと思う。

大手メディアだからと言って、統計学的に正確とは言えないような調査結果を安易に報道するのはどうかと思う。少なくとも、調査方法、調査人数が明示されていない世論調査の結果は、信用すべきではないだろう。

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村←参加してます♪

at 12:06, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/744343