QLOOKアクセス解析
<< 鳩山由紀夫氏のあれこれ | main | 麻生太郎のネタ動画 >>

辞任三者三様

少し前の話になるが(2009年5月11日)、民主党の小沢一郎前代表(現代表代行)が辞任した時の記者会見で、彼の表情があまりにもサバサバした様子だったのが気になったので、他の人の辞任会見と比べてみることにした。

ところで、私はいわゆる動画投稿サイトというものは、或る意味ビデオアーカイブ的な要素も多分にあるものであると思っていたのだが、一次ソース的な動画が見つけられなくて、難儀した。
やはり、公式サイトを当たるのが一番手っ取り早かった。よく考えてみたら当たり前の話でありました。

政府インターネットテレビ
第90代内閣総理大臣安倍晋三氏辞任会見
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1378.html
テキスト版はこちら←首相官邸公式ウェブサイト

第91代内閣総理大臣福田康夫氏辞任会見
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2100.html
テキスト版はこちら←首相官邸公式ウェブサイト

YOUTUBE民主党公式チャンネル
小沢一郎前民主党代表緊急記者会見

http://www.youtube.com/watch?v=5qqCgZs-zcE

民主党の公式チャンネル動画では、記者による質疑応答の場面がカットされていたため、下記に参考動画を挙げておく。
民主党小沢一郎代表辞任記者会見中継 05/11-16:57 (1/3)←冒頭発言
民主党小沢一郎代表辞任記者会見中継 05/11-16:57 (2/3)←質疑応答
民主党小沢一郎代表辞任記者会見中継 05/11-16:57 (3/3)←解説


安倍氏、福田氏に関しては、ノーカットで見るのは初めてだったので、官邸HPのテキスト版と併せてしっかりと見せて頂いた。
その第一印象
安倍晋三氏→声に生気がなく、とてもつらそう。この会見後に体調不良による辞任であった事が明らかになった。そのような中でも言葉を選び、分かり易く辞任理由を説明しようとしている姿勢が伺える。文字通り、矢尽き刀折れた壮絶な討ち死にの辞任であるように感じられた。
福田康夫氏→ねじれ国会の煽りをまともに食らってしまい、政権運営がままならなかった無念を正直に吐露している。最早愚痴と化している。例の有名な科白は、無礼な質問に対して、ブチ切れたために出たものであったことが分かる。
小沢一郎氏→会場に入ってくるところから、笑顔で、サバサバしており、初めて見た時には大変違和感を覚えた。持参したメモを読み終わった時に、女性から(誰だ?)声を掛けられ、満面の笑顔でそれに応じている。辞任会見とはとてもじゃないけど思えない。やめるのが嬉しくて仕方がないと言うようにしか感じられなかった。

ところで、小沢氏は何故やめることになったのであったか。麻生総理も「何の理由で辞めるかよくわからなかった。何で辞めるのか、何について責任を取ろうとしているのか、何故今なのかってのは、理解できなかった」と述べている。
http://blog.dai2ntv.jp/aso/2009/05/post_177.html
ぶっちゃけ、西松問題の説明とかはどうなったの?と言うことなのであるが。ここのところを完全にスルーしたマスコミはちょっと気持ち悪すぎる。


おまけ:第89代内閣総理大臣小泉純一郎氏最後の会見←第2日テレ報道部「一日一小泉」
やりきった感がすごいです。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 11:29, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/745678