QLOOKアクセス解析
<< 左翼政権に関するアンケート | main | 解散の詔書 >>

野党の国会審議拒否

衆議院で内閣不信任案は否決されたものの、参議院では問責決議案が可決されたため、野党各派が審議拒否しています。このため、私達の生活にとって重要な法案が廃案となることになってしまいました。

以下、古賀克重法律事務所ブログ便箋から、廃案になる法案を引かせて頂きます。
まずは「肝炎患者の治療費助成」などを国の責務として定める法律(「肝炎対策基本法」与党衆議院議員提出「特定肝炎対策緊急措置法案」野党衆議院議員提出)
  ※(引用者注)ブログ主の古賀克重氏は、薬害肝炎やハンセン病などの被害者を支援している弁護士です。
この他、政局に翻弄され廃案となるのは、政府提出の17法案だけではなく、議員立法の91法案も合わせて合計108法案です。
共謀罪を創設する「組織犯罪処罰法改正案」
公務員などが加入する共済年金を厚生年金と統合し、保険料率を一本化する「被用者年金一元化法案」
原則1割の自己負担を見直す「障害者自立支援法改正案」
国連安全保障理事会決議によって北朝鮮に出入りする船舶への貨物検査を可能にする「北朝鮮貨物検査特別措置法案」
中央省庁の幹部人事を一元管理するために内閣人事局を新設する「国家公務員制度改革関連法案」
日雇い派遣の原則禁止を盛り込んだ「労働者派遣法改正案」
「地方公務員法・地方独立行政法人法改正案」
「独立行政法人統計センター法改正案」
「行政不服審査法案」
「行政不服審査法施行関係法整備法案」
「行政手続法改正案」
「独立行政法人通則法改正案」
「独立行政法人通則法施行関係法整備法案」
「独立行政法人気象研究所法案」
「成田国際空港株式会社法改正案」
「確定拠出年金法改正案」
「小規模企業共済法改正案」の政府提出17法案と、
与野党で合意できていた児童ポルノ写真などの単純所持を禁止する「児童買春・児童ポルノ禁止法改正案」
国政選挙における候補者の納める供託金を引き下げる「公職選挙法改正案」
政党が解散を決めた後に政党交付金を政治団体に寄付することを禁じる「政党助成法改正案」
企業・団体献金を禁止する民主党提出の「政治資金規正法改正案」
株価の大幅下落に備え、政府が市場から株式を買い取る仕組みを整備する「資本市場危機対応臨時特例措置法案」
後任者決定まで前任者の職務継続を認める「国会同意人事職務継続規定法案」
11月12日を休日にする「天皇在位20年記念日休日法案」
いつも、よく分からないもめ事ばかりが報道される国会ですが、実に沢山の法案を審議していると言うことが分かりました。政局がどうこうとよりも、国会で審議されている数多の法案の内容とかをもっと沢山報道してくれればいいと思います。NHKでは、(うろ覚えですが)「今日(今週?)成立した法案」というコーナーが深夜ニュースでやってますが、審議中にもこれらの法案についての報道が見てみたいものです。重要法案は勿論委員会中継とかも見られますが、それ以外の、「何じゃこりゃ」というような法案もきっとあると思うのです。例えばきょうさ(ry

閑話休題。

と言うわけで、本当に大切な法案が沢山沢山廃案になってしまいます。麻生総理は、これらの法案の審議日程のことなども頭に入れながら、且つ、世界的な政治及び経済情勢も鑑みつつ、さらに文字通り「政局をにらんで」、「この日しかない」という日を解散、総選挙に決めたのだと思います。しつこいぐらい同じ事を毎日毎日毎回毎回、外国訪問先にまで着いてきて「解散はいつ?」「解散しろとみんな言ってますが何で解散しないの?」と聞く記者達に、これまた同じ事を繰り返し繰り返し答えた総理の忍耐力に感服します。それでも尚、廃案になってしまう法案が出てしまうことは総理にとっては堪らないことなのではないでしょうか。

こんな話もあります。この話と、野党や自民党内の左派議員が考えていそうなことを想像してみると、やはり、日本国の国会議員の所業じゃないと思わざるを得ないです。何が何でも「政権交代」と声高に叫ぶ方達は、一体何処の国のための国会議員なのですか、と。
民団8・30へ全力 「参政権16年」の総決算便箋
中央本部から派遣された各講師は、全団的に開始してから16年になる参政権運動について、同じ住民として地方自治に参加し、地域に貢献する「住民権」を確立するだけでなく、平和と人権を尊重する共生社会の実現に欠かせないと指摘、「次世代同胞がこの地で堂々と生きていけるよう、全身全霊を傾けよう」と呼びかけた。
※記事の一部を引用
いや、参政権が欲しければ、堂々と地域に貢献したければ、「住民権」を確立したければ日本に帰化すれば良いだけだし。アメリカの市民権を得るのは大変ですよ。国旗のまえで「新たなる祖国」への忠誠を誓わなくちゃいけないんだから。当然、帰化するからには日本人足るべくしてもらわなければなりません。日本国籍を取得したのに、自国(この場合当然日本)の利益を損なうような言動は厳に慎むべきでしょう。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
↑参加してます♪

at 03:15, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/757770