QLOOKアクセス解析
<< 緑のチカラ | main | 反省はしている >>

自民党不支持の方〜

6月24日のエントリー(「自民党本部にメールしました」)にコメントを頂きました。ご意見に対して、お聞きしたいこともあったので、質問も含めてお返事させて頂いたのですが、その後ご訪問頂いておりません。
と言うわけで、そのコメントと私のレスをこのエントリーに載せさせて頂きます。

この後に及んでまだ自民党を支持しているということは政治の何たるかを全く解っていない方と理解します。麻生氏は国のしくみが全くわからないままに総理にあがめられてしまった。あがめられただけでろくに勉強もせず、また、教育する人間もおらず最後まで総理職にしがみついて自身で総選挙日程を決めた。数年前に国民がノウと言っているのに安部、福田、麻生と手を変え品を変え腰に根が生えたように与党政権を死守する姿はもはやお笑いだ。世の中の流れを全くわかっていない自民党はもはや世紀末だろう。安部氏や麻生氏がまさか総理になるとは思ってもいなかった。25年前、彼らが・・・あのばか代議士が総理?自民党の実情は芸能界とたいして変わらない現実がある。民主もそうだが。
デコボウ | 2009/07/24 7:39 PM


政治のなんたるか、私には奥が深すぎて分からないことが多すぎます。是非ご教授頂きたいです。政治とはなんたるものなのでしょうか。
>麻生氏は国の仕組みが「全く」分からないままに
麻生氏のどのようなところをもって「全く」分からないとデコボウさんがご判断されたのか、教えて頂けますか?

私は、麻生氏はとてつもなく勉強しておられると思いますし、祖父である故吉田茂氏から帝王学を学ばれたと理解しております。

>数年前国民が…
それはもしかして2年前の参議院選挙のことでしょうか?確かに、参議院では第一党の座から陥落しましたが、衆議院では引き続き与党でした。政権運営の責任者たる与党が、衆議院の優位性をもって、通すべき予算や法案をと通そうとするのは当たり前のことではないかと思うのですが?
ただ、ねじれ国会のために政権運営にご苦労があったことは、福田氏も辞任会見の時におっしゃっています。

>最後まで総理職にしがみついて…
議会を解散できるのは内閣総理大臣に許された権利です。与党に有利な時を見計らって解散権を行使するのは当然のことではないでしょうか。
実際は今の情勢は随分与党には不利なようです。むしろ野党の皆さんは諸手を挙げて「今、この時期での」解散を喜んでおられるように思われますが?どちらにしても、9月には衆議院は任期満了だったのですから。

>25年前、彼らが…
一体何があったのでしょうか?私は当時有権者ではなく、政治にもニュースで知る以上の興味はありませんでしたので、よろしければご教授下さい。
「あのばか代議士」とは、政治のなんたるかをよくご理解されているデコボウさんとも思われない酷い言葉でありますね。

>自民党の実情は芸能界と大して変わらない現実がある。民主もそうだが。
デコボウさんは芸能界の事情にも大変お詳しいようですね。是非、また色々教えてくださいませ。
ひかり | 2009/07/24 8:56 PM

マジで気になるんです。「25年前、彼らが…」っていうの。一体何なんでしょうか。デコボウさんでなくても、どなたか教えて下さいm(__)m

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ←参加してます♪

at 00:24, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/778268