QLOOKアクセス解析
<< 故中川昭一氏に旭日大綬章 | main | 国会審議が面白い >>

J牧場の悲劇

JUGEMテーマ:ニュース


【政治】自民党ブーメラン現象 「お前が言うな」の衝撃 谷垣総裁の代表質問★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1256894682/リンク

52 :童話 2009/10/30(金) 18:37:36 ID:hheERCWPO
あるところに、Jというおじさんが経営する牧場がありました。
J牧場の動物たちはとても賢い働き者ばかりで、その良質な毛や乳は町中の評判でした。

Jおじさんは、動物たちをとても大事にしました。
オオカミや野犬から守るための高い柵をつくり、暖かい小屋を建て、エサも充分に与えました。
でも、それは別に動物たちのことが好きだからではありません。
がめつい欲張りJおじさんは、自分が豊かになるために、その元になる動物たちを大事にしていただけなのです。

動物たちもそれは承知でした。
確かにJおじさんはひどく短く毛を刈り込むし、カラカラになるまで乳を搾ります。
それでも、柵や小屋やエサのある暮らしが良かったので、ブツクサ文句を言いながらも、暴れたりせずに大人しく暮らしていました。

78 :童話◆2009/10/30(金) 18:40:52 ID:hheERCWPO
さて、J牧場が始まってから何年かが経ち、動物たちの様子も変わってきました。
はじめのうちはありがたがっていた柵や小屋やエサに、すっかり慣れてしまったのです。
動物たちは以前にもまして文句を言い、あまり働かなくなりました。

そこへやってきたのが、アルバイトのM君でした。
M君は、人間と動物の両方の言葉が分かるニワトリを味方につけ、動物たちに優しく語りかけます。

「君たちはこの牧場の主役なのに、どうして黙ってあのおじさんにこき使われているんだい?」
「もしボクが牧場主なら、もっと安全な柵をこしらえるし、もっと広くて暖かい小屋を建ててあげるよ。エサだって今よりもずっとたくさんふるまうし、あのおじさんみたいに君たちをこき使ったりしないのにな」
「なあみんな、ここはボクと力を合わせて、あのおじさんを牧場から追い出そうじゃないか!」

ニワトリが伝えるM君の言葉に、だいたい三分の一くらいの動物が賛成しました。
もう三分の一は、出来すぎた話をかえって怪しく思いましたが、それでもJおじさんへの不満の方が強く、しぶしぶながら賛成しました。
最後の三分の一は今までのM君の行いを覚えていたので、全く賛成する気にはなりませんでした。
M君は今まで、よく掃除やエサやりをサボったり、こっそり牧場のお金をネコババしたりしていたのです。
ところがニワトリは、そんなことはちっとも話しません。
M君が主になったあかつきには、特別に母屋で暮らすことを約束してもらっていたからです。
その一方で、Jおじさんの悪口を、朝、昼、晩と叫び続けます。
そうこうしているうちに、すっかりその気になったほとんどの動物たちは、ついにJおじさんを追い出してしまいました。

132 :童話:2009/10/30(金) 18:47:40 ID:hheERCWPO
さて、新たに牧場主になったM君は、動物たちにこう言います。
「まずはみんなに上等なエサを配らなきゃ。でもそのためにはみんなにもうひとがんばりしてもらわないとね」
高級なエサをもらうために、動物たちは今までよりもっともっと短く毛を刈られ、乳を搾りつくされました。
「あと、立派な小屋を建てるには、たくさんのお金がいるんだよ。協力してくれるよね?」
M君はそう言って、全ての動物たちから舌を引き抜いてしまいました。
「ちょっと痛いかもしれないけど、みんなの幸せのために我慢しておくれ。こいつは街へ持っていけばいいお金になるんだよ。」
動物たちは「何かおかしいな」と思いましたが、危険を知らせる役目のニワトリがあいかわらず「M君バンザイ!」と大喜びしているので、「たぶん大丈夫だろう」と思いました。

「みんな、ありがとう!この牧場が本当に豊かになるまで、あと少しだよ。手っ取り早くお金を手に入れるには、お肉を売るのがいちばんさ!」
M君はそう言って、全ての動物たちから、なんと前脚を一本ずつ切り取ってしまいました。

こうなってはもう、怪しいどころではありません。
もはや一匹も、M君やニワトリの言うことは信じていませんでした。

でも、誰も、どうすることもできませんでした。
暴れようにも三本の足だけでは走ることさえできません、
M君を追い出す相談をしようにも、舌がなくては声を出すこともできません。
運よく逃げ出せたとしても、となりの悪名高いK牧場やC牧場につかまって、食肉にされてしまいます。
動物たちはいつになっても完成しない立派な小屋の前で、豪勢なエサの写真を眺めながら、寒さと飢えと怒りに震えるだけでした。

167 :童話ぁ2009/10/30(金) 18:51:56 ID:hheERCWPO
ところが、動物たちの受難は、これで終わりではありませんでした。
そもそもM君は、実ははじめからK牧場やC牧場と取引をしていたのです。

「じゃ、そろそろ仕上げと行くか」

いきなり、となりの牧場からたくさんの動物がやってきました。
大人しいJ牧場の動物たちに比べて、気性が激しく乱暴で、ただ数だけはやたらと多い、C牧場やK牧場の動物たちです。
新しく来たよそ者は、J牧場の動物たちの毛や乳を売って得たおいしいエサをむさぼり喰らい、舌や足と引きかえに建てた大きな小屋を我が物顔で占領してしまいました。

「こいつら掛け合わせて、ガンガン生ませて頭数増やそうぜ。『J牧場産』てことに変わりはないんだし、黙ってりゃわかりゃしねえよ。今まで通りのJブランドで、しかも今度は肉の販売までできるんだから、儲かりすぎて笑いが止まらんぜ」

M君はそう言ってニヤニヤ笑っています。

K牧場とC牧場の主もケタケタ笑っています。

ニワトリは叫びます。

「J牧場バンザイ!J牧場バンザイ!みんな仲良し、みんな平等、幸せいっぱい!」


あるところに、Jというおじさんが経営する牧場がありました・・・。



253 :名無しさん@十周年:2009/10/30(金) 19:02:14 ID:Vzwg51XMO
>>167

1ヶ月後

K牧場、C牧場の主に牧場を乗っ取られ、
無一文で追い出されたM君は野垂れ死にしたそうです・・・

まとめサイト風味にしてみました。


このスレが伝えるニュースは以下の通り

1 :出世ウホφ ★:2009/10/30(金) 18:24:42 ID:???0

谷垣自民党総裁の代表質問と、それに対して答弁する鳩山首相の映像が何度も流される。
みのもんたが「1番、印象に残っている」と言ったのが、鳩山政権には「国家についてビジョンがない」とした谷垣総裁に、
首相が「あなた方に言われたくない」と答えた場面。

金井辰樹(東京新聞政治部デスク)によると、首相はこのフレーズを7回、使ったそうだ。
首相はさらに「こんな財政にしたのは誰なんだということ」とも述べた。

8月29日の総選挙で、それまでの自民党政治に嫌気した国民から「ノー」を突きつけられて
野党に転落した記憶が生々しいだけに、これを持ち出されると自民党も辛い。

柴田秀一(TBS解説委員)も「予算審議が具体化すればまだしも、所信表明段階での代表質問で、
前の政権がやってきたことが近過ぎて、自分たちのことを批判するみたいな、
返ってくるみたいな感じになる」と自民党の攻めにくさを指摘する。

みのから「第1ラウンドはどうなんでしょうか?」と採点を尋ねられた金井は「世論も鳩山さんについているし、
議員席も民主党が多いので、なんとなく民主党が有利に見えた人が多いのでは」と与党の判定勝ちという見方。
そして「来週から予算委員会で丁々発止が始まるのでそちらをお楽しみに」と続けた。
東京政治部デスクは慎重なもの言いをする方とお見受けした。

2009年10月29日11時26分 / 提供:J-CASTテレビウォッチ
朝ズバッ!<テレビウォッチ> 【ワイドショー通信簿】自民党ブーメラン現象 「お前が言うな」の衝撃
http://news.livedoor.com/article/detail/4421770/
2009/10/30(金) 16:23:49
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1256887429/l50
元スレ
【政治】 鳩山首相 「財政、あなた方に言われたくない」「普天間で結論出さなかったはのどの政権だ」…自民への返しに、拍手と大歓声★8
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1256808562/l50


仮にも政権担当している与党の代表がこれ言っちゃおしまいでしょうが。こんなの、何質問しても「あんたに言われたくない」で終わっちゃうよ。まともな議論にならないよ。

因みに、鳩山氏が述べた「こんな財政にしたのは誰だ」の発言ですが、巨額国債をドッカンと発行した当時の自民党の幹部は小沢一郎さんだったそうですよ。年金未納で大騒ぎして、「未納三兄弟!」とまで言っていた当の本人が年金を未納だった、というのは菅直人さんでしたっけ。今副大臣をおやりになっている辻本清美さんの事務所費問題で「秘書の責任は国会議員にあります。責任をとってお辞めになるべき」とか、メルマガで言い切っていたのは確か鳩山由紀夫さんだったような気が。。。
ブーメラン、と言う武器がもっとも似合うのは、民主党であることに変わりはありません。ていうか、言ってみたかったんだろうなぁ、ブーメランって。

それにしても、素晴らしい童話です。いや、洒落にならない内容なのですけど。2chって、様々な人達が訪れる、多種多様な才能を持った人達が集まる、すごい所なんだと実感した次第です。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ←参加してます

at 00:55, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/798963