QLOOKアクセス解析
<< 明けましておめでとうございます | main | あれから15年 >>

今日、朝日新聞から電話が来ました。

JUGEMテーマ:日記・一般

朝日新聞本社コールセンターとか言ってたと思いますが、電話が掛かってきました。
「今年は朝日新聞創立130周年で、キャンペーンをやってます。購読して頂けないかということで…」
まあ、そんな内容の電話でした。
130年、と言われた瞬間に、朝日新聞が戦前には開戦を煽る記事を書いて国民世論を戦争へと導いたことや、敗戦後にGHQに脅されて、ころっと論調を変えたこと、南京虐殺事件や従軍慰安婦問題を捏造して日本をとことん貶めていること、その象徴がKY珊瑚事件だったこと、等々いろいろと連想して、130年という歴史の長さを全然ありがたく思えない気持ちになり、苦笑いしながら、
「いえ、うちはもうずっと新聞は取ってないんで。これからも取るつもりはありません。すみませんが」
と、お断りしました。
思えば朝日新聞主催のサッカーイベントでもらえる景品ほしさに契約していましたけれども、資源ゴミを縛る手間を増やしただけでした。我が家の新聞購読歴はそれが最後でした。

それにしても、販売店ではなくて、本社から直々にお電話を賜るとは、朝日新聞さんも相当お苦しいのではないでしょうかね。因みに、地元の地方紙や、その他読売新聞などの本社から電話が来たことはありません。販売店が勧誘に来たことはありますが。
そういえば朝日の販売店は、見本紙みたいのを持ってきたこともありましたっけ。なんかうっとうしさを感じます。
ASAHI… 必 死 だ な って感じです。

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ

at 23:52, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://the-sun.silver.egoism.jp/trackback/798969