QLOOKアクセス解析

笑えない人

「笑えない人」というのが世の中には少なからずいる。
私が前勤めていた会社の課長がそうだった。接客業だったので、教育研修で笑顔の練習というのをするのだが、課長は結局最後までまともに笑えなかった。上にこびへつらう人で、「これを買え」と上司に言われて無理矢理買わされて困った、と言って、私に卵をくれた。上司の言うことを断れない人なのである。そしてその愚痴を部下にこぼす。

麻生太郎の画像をネットの海の中から拾うことを始めた時、気付いたことがある。笑えない政府高官(或いは要人)、と言うのが少なからずいたのである。
麻生太郎は良く笑う人である。テレビで見るインタビューの画像は、いつもしかめつらしい顔をして、人を小馬鹿にしたような態度だと言って良く批判される。しかし、麻生太郎が小馬鹿にしているのは失礼極まりない、不勉強で下らない質問を何度も何度もぶつけてくるマスコミ諸氏に対してである。マスコミ諸氏は、自分たちが「国民の代表」だと思い込んでいるから、顔を真っ赤にして批判するのであるが、それならば、しっかりとした回答を得られるように、麻生太郎に「ほう」と感心されるような鋭い質問を投げかければイイだけのことなのである。

7月に行われたラクイラサミットにおいて、麻生総理の内外記者会見で、イタリア人記者が流暢な日本語で質問していた。同時に、北朝鮮問題に鋭く切り込んだ質問を行い、麻生総理も感心しつつ、応えていた。一方で、日本人記者の質問と言えば、十年一日のごとく「解散はいつ」である。世界に横たわる経済や安全保障などの重要な案件を話し合うサミットにわざわざ同行してきて、出される質問が「解散はいつ」なのである。
日本のマスコミはもっと勉強した方が良い。
結局麻生総理の返答もこれまた十年一日のごとく「適切な時期を見て」にならざるを得ない。私は開いた口がふさがらなかった。
動画は首相官邸ホームページ便箋で見ることができる。Youtubeで見る場合はこちらから便箋(http://www.youtube.com/watch?v=f1luU4-f08I)。

さて、笑えない政府要人。それは中国の首脳である。
象徴的な写真はこちら便箋。※リンクは切れる可能性があります。
にこやかに握手に応じる麻生総理と対照的な胡錦涛氏の顔である。温家宝首相も同様である。画像検索をかければすぐに出てくる。
中国には、指導者は笑わない方が良い、とか言う格言でもあるのだろうか。いや、むしろ私には、「笑おうとしているのだが笑えていない」かつての課長が脳裏に浮かんできて、何とも言えない気持ちになってしまうのだ。


http://www.youtube.com/watch?v=bpbrYnyqBLM便箋

ワタクシ的総選挙総括をYoutubeにもUPしました。便箋
http://www.youtube.com/watch?v=dBNNDAqmLhI

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 01:44, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ワタクシ的総選挙総括

久しぶりにまとまった休みが取れたので、ワタクシ的総選挙総括をしてみました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8147711

もうちょっと、マスコミ様の所業も交えたかったのですが、紙面のもとい、時間の都合で割愛しました。「緑のチカラ」をどうしても入れたかったので。
良い戦いだったと思います。もし、中選挙区制だったら、あそこまで大敗はしなかったでしょうね。タラレバ、の話ですが。
ソースを見失いましたが(海外の記事だったと思います)、日本には小選挙区制は似合わないそうです。「お灸を据える」というのも、中選挙区制なら、トップ当選がぎりぎり最下位当選になるぐらいの勢いだったのではないでしょうか。ゼロか100かの小選挙区制は、曖昧な日本人向けではないですね。まあ、前回の選挙の時に、民主党の人達はそう思ったでしょうけれども。だからこそ、満を持しての今回の民主党だったわけで。
一方の自民党は、中選挙区制のノリのままで小選挙区制の選挙に臨んでしまったとか、そんな反省の声も聞かれます。

いずれにしても、ここに来ての麻生バッシングの激しさには呆れるばかりです。敗者に鞭打つとはまさにこの事。厳しい戦いだったからこそ、お互いの健闘をたたえ合うべきであるし、自民党もいつまでも選挙の戦犯捜しに拘泥しないで、これからの国会運営について、来年の参院選をにらんで、一刻も速く走り出すべきであると思います。戦犯が「麻生降ろし」に荷担した、自分のことだけが大事で、選挙区民や国民のことを全く考えない一部の議員であることだけは間違いありません。都議選の反省が全く活かされていないことは大変残念なことです。
大切なことは、未来を見据えることです。民主党政権の危うさを考えたら、いつまでも下や後ろを向いている場合ではないことは明らかです。
うちの県は自民党は全滅しました。変態新聞出身の議員も誕生してしまいました。「記者であった経験を活かして」とか言ってました。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ
↑参加してます♪

at 16:37, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

日本人への宿題

麻生太郎氏は言いました。
「日本を考える一ヶ月にして下さい」

私は「え〜子パンフ」を400部、ご近所と少し離れたところにある新興住宅地に配ってきました。
麻生太郎氏のもとでなら、日本をもっと明るくできる、日本をもっと強くできる、もっと日本が好きになる事ができる、と信じて、頑張ってみました。あそTを着て、アルバイトにも行きました。今日は飲み会で、「なんで麻生さんなの〜〜」という声を浴びながら、あそTを着て、麻生さん好きをアピールしました。

麻生太郎が今、この時期に内閣総理大臣で本当に良かった。これからも、日本の強さが、自他共に盤石のものになるまで、麻生太郎にお任せしたい。本当にそう思います。
今回の選挙がどのような結果であっても、麻生太郎に日本をお預けすることに、私は何を躊躇するものでもありません。

池袋の最後の演説会は、すごかったようですね。また、動画等で確認させて頂きます。
取り急ぎ、明日のために。あ、もう今日か。


日本のための、大切な一票。小さいけど、日本国民に与えられた大きな大きな、選挙権。私も、大切に、使わせて頂きます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 00:19, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英霊来世


http://www.youtube.com/watch?v=lrszLL8O7oo

知ることが大事。
知ろうとすることが大事。
思考停止は衆愚への最短の道である。ポピュリズムだけは絶対に避けなければならない。

私のもう一つやってるブログへ投稿したエントリーを一部引用します。マルチポストご容赦下さい。

【自分で自分にお灸を据えるってどんだけMなんですか】

「お灸を据えるために自民党には入れない」
「ダメだったらまた元に戻せばいい」

当たり前のことであるが、与党となった政党は何が何でも政権を死守しようとするだろう。簡単に元に戻す、等と言っていい話ではないのではないか。

「お灸を据える」
灸を据える
【読み方】
きゅうをすえる

【意味】

痛い目に遭わせたり厳しく叱責して、再び過ちを繰り返さないようにすること。
漢方の一つで、やいとで病を治すことによる。

【用例】
子供が悪いことをした時には、きちんとお灸を据えるべきだ。
慣用句・ことわざ・四字熟語辞典便箋
つまり、お灸を据えられるのは基本的には自分ではない。自分自身にお灸を据える人というのは(中にはいるかもしれないが)いないのである。
すなわち。
「自民党にお灸を据える」
と言う考え方は、国政に関して、他人事のようにしか考えられない人の発想であると言うことが言える。
日本という国のあり方について、自分のこととして、しっかりと考え、捉えられる人であるならば、本来ならば他人に対して行う「灸を据える」という行為を自分に対して行うことはあり得ない。

日本はセルフエスティーム(自己肯定感)が低い。第2次世界大戦後、徹底的にアメリカやご近所の国に「お前はダメだ」「お前は犯罪者だ」「二度とやんちゃができないようにしてやる」「日本がいると世界がダメになる」と洗脳され、それこそ「お灸を据えられた」結果、他人(他国)に対して、或いは自身に対してさえも「申し訳ありません」としか言えない国になってしまったのだ。「○○さんがダメだと言うから私はダメなんです」というように、自分の評価を他人に任せっきりにしてしまうようになってしまった。自分自身のこともどこか他人事で、だから自分で自分に「お灸を据える」等というような、あり得ない自傷・自虐行為を行うことに躊躇しない国になってしまったのだろう。
お灸を据えて本当に自分が善くなる保証が何処にあるだろうか。何が悪くて、何処に灸を据えれば善くなるか、ちゃんと理解した上で行う行為であるのだろうか。ただ単に、「私はこんなに悪い子だから、みんなに、自分を罰するところを見てもらって、(自分のダメさ加減を)認めてもらいたい」と思っているだけなのではないだろうか。

「自分を大切にする」と言うことを、自分の国に対しても一人ひとりが行わなければ、この国は本当には善くならない。良いところは認めて、改めるべき所は改める。月末の投票日に向かって、私達がやらなければならないのは、「考える」と言うことである。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 23:22, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

あそTを着て仕事してみた その2

第2作目のあそTは、地区の夏祭りに向けて用意しました。このお祭りには、地区役員はもちろんのこと、地元市長も最初から最後まで参加する、割と盛大なものです。国会議員は、峠を越えた向こうの街の特大花火大会に顔を出さなければならないから無理だとして。

前回のTシャツのデザインは、麻生ファンならおなじみの「iAso」イラストでした。そして今回は、閣下の自衛隊観閲式の時の、凛々しい姿に「天下為公」を合わせたオリジナルデザインにしてみました。
「ちょっと、何そのTシャツ。麻生さんなの?」
「そうだよ〜 (^^)v」
「やだぁ〜」
「(やだぁ〜、て…)えへへ」
と言うのと、
「○○ちゃんて、本当に麻生さん好きなんだね」
と声を掛けられたのと、二回ほど、直接あそTに関する会話がありました。
普段は寄りつきもしない地元自治会の飲みエリアにも顔を出したりしたので、まあ、そこそこ目立っていたのではないかと。
こんな消極的なやり方しかできないチキンでごめんなさい orz

仕事にも着ていきましたが、職場的には幼稚園バッヂに入れた若太郎のイラストも注目されています。何しろ若太郎は大変なイケメンなので、これが麻生さんだと分かると、一瞬絶句されたりして。大変良い気分です。
職場には大変沢山のトラックが出入りしています。これをとっかかりにして、
「ここに出入りしている沢山のトラックにも、みんな沢山の税金がかかるようになっちゃうんですよね、高速道路が無料になると」
とネタを振ってみたりしました。
「そうなの?」
「一台平均5万円ぐらい増税になるそうですよ」
と言うと、相手が食いついてきました。
「…それ、本当に5万円増税になるの?軽自動車でも?」
「まあ、トラックと普通の車では差は付けるかもしれませんが、自動車税ぐらいは増えるんじゃないでしょうかね。うちは、実家に帰るにも、高速代使うのはせいぜい年間2万円行くか行かないかですから、5万はきついですよねーー」
と私が言うと、相手も少し考える風でした。でも最後に
「道路は要らない。箱物も要らない!」
と吐き捨てられてしまいました。(道路も箱物もバリバリに「あり」なんですけどね。政権交代になったとしても)
まだまだ道のりは長いです。あ、でももう来週には選挙だ。。。疑問の種を植え付けた、ってことで。。。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 17:55, ひかり, 天鳥船

comments(2), trackbacks(0), pookmark

反省はしている


http://www.nicovideo.jp/watch/sm7957624便箋

もう、頭の中から必殺のテーマが離れなくなってしまったので作ってしまいました。ボクがやりました。反省してます。

【ニコニコ動画】【MAD】全力太郎【麻生太郎応援】便箋
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7825158
↑麻生支援動画はこちら

もう公示かぁ。。。40日って、長いようで短いなぁ。夏休みみたいだ。

にほんブログ村 政治ブログへ←参加してます♪

at 15:49, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

自民党不支持の方〜

6月24日のエントリー(「自民党本部にメールしました」)にコメントを頂きました。ご意見に対して、お聞きしたいこともあったので、質問も含めてお返事させて頂いたのですが、その後ご訪問頂いておりません。
と言うわけで、そのコメントと私のレスをこのエントリーに載せさせて頂きます。

この後に及んでまだ自民党を支持しているということは政治の何たるかを全く解っていない方と理解します。麻生氏は国のしくみが全くわからないままに総理にあがめられてしまった。あがめられただけでろくに勉強もせず、また、教育する人間もおらず最後まで総理職にしがみついて自身で総選挙日程を決めた。数年前に国民がノウと言っているのに安部、福田、麻生と手を変え品を変え腰に根が生えたように与党政権を死守する姿はもはやお笑いだ。世の中の流れを全くわかっていない自民党はもはや世紀末だろう。安部氏や麻生氏がまさか総理になるとは思ってもいなかった。25年前、彼らが・・・あのばか代議士が総理?自民党の実情は芸能界とたいして変わらない現実がある。民主もそうだが。
デコボウ | 2009/07/24 7:39 PM


政治のなんたるか、私には奥が深すぎて分からないことが多すぎます。是非ご教授頂きたいです。政治とはなんたるものなのでしょうか。
>麻生氏は国の仕組みが「全く」分からないままに
麻生氏のどのようなところをもって「全く」分からないとデコボウさんがご判断されたのか、教えて頂けますか?

私は、麻生氏はとてつもなく勉強しておられると思いますし、祖父である故吉田茂氏から帝王学を学ばれたと理解しております。

>数年前国民が…
それはもしかして2年前の参議院選挙のことでしょうか?確かに、参議院では第一党の座から陥落しましたが、衆議院では引き続き与党でした。政権運営の責任者たる与党が、衆議院の優位性をもって、通すべき予算や法案をと通そうとするのは当たり前のことではないかと思うのですが?
ただ、ねじれ国会のために政権運営にご苦労があったことは、福田氏も辞任会見の時におっしゃっています。

>最後まで総理職にしがみついて…
議会を解散できるのは内閣総理大臣に許された権利です。与党に有利な時を見計らって解散権を行使するのは当然のことではないでしょうか。
実際は今の情勢は随分与党には不利なようです。むしろ野党の皆さんは諸手を挙げて「今、この時期での」解散を喜んでおられるように思われますが?どちらにしても、9月には衆議院は任期満了だったのですから。

>25年前、彼らが…
一体何があったのでしょうか?私は当時有権者ではなく、政治にもニュースで知る以上の興味はありませんでしたので、よろしければご教授下さい。
「あのばか代議士」とは、政治のなんたるかをよくご理解されているデコボウさんとも思われない酷い言葉でありますね。

>自民党の実情は芸能界と大して変わらない現実がある。民主もそうだが。
デコボウさんは芸能界の事情にも大変お詳しいようですね。是非、また色々教えてくださいませ。
ひかり | 2009/07/24 8:56 PM

マジで気になるんです。「25年前、彼らが…」っていうの。一体何なんでしょうか。デコボウさんでなくても、どなたか教えて下さいm(__)m

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ←参加してます♪

at 00:24, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark

緑のチカラ

緑のチカラ
http://green.jimin.jp/pc/index.html便箋

自民党本部の外壁を応援メッセージで緑色に染めよう!
という素晴らしい企画。
例えば選挙公示後、何かのおりにニュースで自民党の動きを報じる時に、たいてい党本部の建物が写りますが、その外壁が緑色に染まっていたら、ニュースを見ていた人は「なんだありゃ?」ってなりますよね。
それこそが狙いなわけです。
そう、テ○朝がサッカー日本代表を応援するとして行っていた企画のパクリです(笑)。
いいなぁ。愚直なまでの正攻法。
夕刻の備忘録便箋さまに、過日行われた島村宜伸氏の演説全文が載っていまして、これが大変に素晴らしい、麻生太郎氏へのエールとなっていました。是非読んでみて下さい。島村氏って、こんなに熱い人だったんだなぁと、読んでいて涙が出るくらいでした。
で、その演説の中で、島村氏は、マスコミの麻生バッシングについて
これだけマスコミに、心ない批判を浴びながら、唯の一度も愚痴を言ったことのない人です。唯の一度も言い訳をやったことのない人です。流石オリンピックの射撃の選手だけあって、日本を代表した選手ですけども。
と述べています。
党の総裁である麻生氏が、そのような姿勢を貫くのだから、党本部としても、狡猾な手段は使えない。あくまでも正攻法で、やっていくのみなのでありましょう。
昨日のエントリーでご紹介した動画でも、麻生氏はこう述べています。
政権って言うものは批判されるもの。マスコミの報道って言うものが如何に我々の考え方と違っていたり、ずれたりしていても、いちいち目くじらを立てる事ではないのではないか。ある一面から見れば、そういう見方もあるなあ、と言うことなんであって、その意味では謙虚に受け止めなけりゃいかんとこなんだと思っています。いずれにしても私は、総理大臣として、今のこの国のことを考えて、今の日本のために、やるべき事をやる。そうすれば、マスコミがどのように報じていようとも、自ずと、国民の皆さんに伝わるもんだと、私は国民の常識と言うものを信じている。まあ、マスコミにももう少し、素直に、良いところは良い、と言って欲しいものだ、とは思いますけどね。
潔い。あまりにも潔い。愚直すぎます。もっと大暴れしてくれて良いのに、と、思ってしまうのですよ。

「緑のチカラ」は、一日一回投稿可能です。多分、ブラウザを変えればもっと投稿できるかもしれませんが、そこは私達も、愚直に愚直に、やっていきましょう。因みに、応援メッセージの人気現時点での一位は
「麻生がんばれ ワタシもがんばる 」
と言う奴です。
皆さんも是非メッセージを送って、自民党本部の壁を緑色に染めましょう!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 01:29, ひかり, 天鳥船

comments(2), trackbacks(0), pookmark

リーダーが優秀なら、組織も悪くない。

私が好きなドラマ「踊る大捜査線」。拳銃をぶっ放し、パトカーで壮絶カーチェイス。そんな、「あり得ない刑事ドラマ」のアンチテーゼとして、「公務員でサラリーマン」の警察官の日常を描いたドラマは、今でも大変な人気です。

本エントリーのタイトルは、その、映画版「踊る大捜査線Tne Movie2〜レインボーブリッジを封鎖せよ〜」の中の、青島刑事によって語られた名科白。

湾岸署の刑事達は(「本店」と呼ばれる本庁からの捜査員達も含めて)命令系統のはっきりしていない犯人グループによるゲリラ的な犯行に苦しめられていました。
真下君曰く「このグループはリーダーを持たない。目的だけが一致していて、後は各人の自主的な判断で行動しているんだ」
すみれさんそれに応えて「なら、軍隊みたいな組織のあたし達がかなうわけないね」

崩壊する捜査本部。マニュアルにない展開に動揺し、自分を見失う本部長に、ついに立ち上がる室井慎次。
室井は捜査本部に戻ると(更迭された前本部長に閑職に押し込められていた)捜査員達に「現場の判断で行動せよ」「但し報告は厳守」「現場の君たちを信じる」と指示しました。捜査員達は息を吹き返し、地道な捜査によってついに犯人グループを追いつめることに成功しました。

「リーダーが優秀なら、組織も悪くない」
この科白は、
「組織にいると、個人が死んでしまうんだ」
と、組織からの開放を叫ぶ犯人達に、青島刑事が言い放った科白です。


ネットの海には、麻生太郎氏を応援している有志がそれこそゴマンといます。かくいう私もその一人ですが、私達は誰かから指示を受けて行動しているわけではありません。麻生太郎氏のために、日本のためにあれだけがんばって働いている日本の総理大臣のために、何かしてあげたい、できることをできるだけ、やってあげたい、と思って行動しています。
某日本の大新聞社は、組織的な工作を掲示板「2ch」に対して行い、書き込み規制を食らいました。私は新入社員の時、メーデーの集会にエサ付きで「動員」されました。
2年前、福田康夫氏と自民党総裁選を争った時、自民党本部前で、総裁選の投票時間中ずっと「麻生コール」をしていた人達は、「動員」されたわけでも「雇われた」わけでもなく、有志の「呼びかけ」に集まった、全くのスタンドアローンな人々であったはずです。

私達はスタンドアローンで動いておりながら、優秀なリーダーたる麻生太郎氏の元で日本を立て直したいという目的を持っています。
軍隊みたいな組織じゃかなわない、スタンドアローンの集まりが、優秀なリーダーを得た時、どれほどの力を発揮するのか。
「踊る大捜査線」ファンで、「攻殻機動隊」も大好きな私の妄言ではありますが、大組織である旧メディアたる新聞、テレビなどにいかにして対抗するか。一人ひとりの行動力が試されているのではないかと感じています。


麻生太郎氏は、ニコニコ動画「麻生自民党チャンネル」の「麻生総理に質問!」の動画で、
「私たちが『日本』のためにできることは何ですか?」
と問われ、
「私達一人ひとりがそれぞれの人生を精一杯生きること、それが基本なんだと思っております」
と応えています。


http://www.nicovideo.jp/watch/1235009786便箋
Youtube版はこちらから便箋

がんばろう。明日の日本のために。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ←参加してます♪

at 22:53, ひかり, 動画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ダメ。ゼッタイ。民主党。

投票権乱用防止 『ダメ。ゼッタイ。民主党』

「子供手当」や「高速道路無料化」「国民の生活が第一」「友愛政治」等の甘い言葉に騙されて、一度でも任せたら決して元の日本には戻れません。あなたの未来を奪います。投票権の乱用は国を破壊します。

「一回だけ!」が、二度と戻れなくなる民主党「麻薬法案」の数々。

●国柄を破壊し、国力を衰退させる「麻薬法案」
01:地方自治体を破壊する「外国人の地方参政権附与」法案
02:新日本人を作る「国籍法」改正・「重国籍容認」の法案
03:治安の悪化も無視し「移民一千万人」を受け入れる法案
04:地方と国家を同格と見倣して「地域主権」を目指す法案
05:家族関係を崩壊させる民法改正「選択的夫婦別姓」法案

●国民の誇りを奪い、無気力させる「麻薬法案」
06:自虐史観を法定化する為の「恒久平和調査局」設立法案
07:証拠無用で「慰安婦への謝罪及び賠償」をする為の法案
08:靖國神社を廃し「無宗教国立追悼施設」を設置する法案
09:科学・技術・教育を破壊する「独立行政法人」全廃法案

●国民の良識を麻痺させ、黙らせる「麻薬法案」
10:委員会が独断で決める「人権侵害救済機関」の創設法案
11:日本の良識を無効化する「国際機関への個人通報」法案
12:マスコミの暴走を助ける「通信・放送委員会」設置法案

●領土を売却し国家主権を明け渡す「麻薬法案」
13:通貨統合、政治的統合を目指す「東アジア共同体」法案
14:沖縄に「三千万人の外国人」を長期滞在させる為の法案
15:沖縄の「主権」を移譲し、「一国二制度」を目論む法案
16:沖縄の多言語化、「中国語の正規科目化」を目指す法案

 以上、「民主党政策集 INDEX2009」「民主党HP」より抜粋。
なお、民主党HPアドレス直下の「ディレクトリ: china」には、民主党・中国共産党「交流協議機構」があり、そこには日本の属国化を目論む「大長城計画」に関わる人々の「満面の笑み」が掲載されています。そして、沖縄の主権移譲はその第一歩。


大陸からの指示を受け、半島からの支援を受けている政党が、「日教組のドン」を文科大臣に担ぎ、自衛隊解体を叫ぶ人間に防衛大臣の椅子を与えようと企み、そして、そのトップは「日本は日本人だけのものではない」と公言する地獄絵図。これでお分かりでしょう、民主党が「国民」という言葉を使う時、それは「日本国民」を意味しないのです。「日の丸」を掲げず、「君が代」を忌み嫌う民主党は日本の政党ではない、「日本人のための政党」では断じてない。

甘い誘いに騙されない、強い意志を持とう!
軽い気持ちの一票が、日本を狂死させる。
「一回だけなら」「ちょっとだけ」が命取り。


分からないことがあった時は一人で悩んでいないで、なんでも相談して助け合うことが大切です。家族・先生・友達・近所の人達、みんなとの情報交換を大事にすることです。どんな誘いにも毅然と、『ダメ。ゼッタイ。民主党』と断る勇気と意思を持ちましょう。


夕刻の備忘録便箋さまから。拡散致します。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへにほんブログ村 ニュースブログへ←参加してます♪

at 02:12, ひかり, 天鳥船

comments(0), trackbacks(0), pookmark